読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダビマス 配合 繁殖牝馬 リセマラ攻略【ダビスタアプリ】

ダビマス【ダビスタマスターズアプリ】 配合 繁殖牝馬 リセマラ 攻略のブログ

【ダビマス】繁殖牝馬は年齢が高齢になるほどリスク高


スポンサーリンク

【ダビマス】繁殖牝馬は年齢が重要

 繁殖牝馬の年齢は繁殖牝馬を購入する際などの

重要項目になってきます。

 

というのも、繁殖牝馬自体が産むことの出来る産駒には限りがあるからです。

 

繁殖牝馬は1年に1度しか交配のチャンスが無いので
選択する繁殖牝馬の年齢はかなり重要になってきます。

 

実際、高齢になった繁殖牝馬の不妊率は
高齢になればなる程、悪化するのでそういった点も
考慮して繁殖牝馬の購入が必要になってきます。

 

 




スポンサーリンク
 

繁殖牝馬としての寿命

繁殖牝馬としての寿命は

だいたい5歳~10歳までとされています。

 

だいたい5歳~10歳までであれば8割方成功すると見ていいでしょう。

 

しかし12歳あたりからは確率が下がり続ける一方なので、
13歳を越えたあたりでは既に確率はかなり下がってしまています。

 

なのでそういった場合はきっぱりとセリで売ってしまうのが賢明でしょう。

 

ちなみに繁殖牝馬の年齢が13歳を超えると、
なつきから、

f:id:torendban:20161114032346p:plain


「うーん・・・この馬齢だと受胎は難しいかなぁ・・・種付け権が無駄になる覚悟で種付けする?」と
コメントされるようになります。


なつきからの不受胎を懸念するコメントは

13歳を境目に言われるようになります。

 

13歳以降も一応、受胎はするのですが、
不受胎になる確率がぐんぐん上がってしまっている状況です。

f:id:torendban:20161114032515p:plain


そして高齢になった繁殖牝馬には、
種付け時に死んでしまうといったリスクも出てきてしまいます。

f:id:torendban:20161114032513p:plain

 

上記で挙げたように繁殖牝馬が高齢になればなるほど、

様々なリスクが高まってくるので、

出来るだけ若い繁殖牝馬をオススメします。

 

 

 


◆関連記事はコチラ

【ダビマス】繁殖牝馬 おすすめ配合一覧表 【完全保存版】

【ダビマス】配合 トウカイテイオー編 ダビスタアプリ

【ダビマス】配合 キングカメハメハ編 ダビスタアプリ

【ダビマス】配合 ウィリアムチョコは“優秀”だった

【ダビマス】配合 ステイゴールド編 ダビスタアプリ


スポンサーリンク